株式会社 北洲

メニュー
2014.09.04 ハウジング

築35年の骨組み、床下を見られるチャンス!北洲リノベーション住宅の「構造見学会」を仙台にて9月6日・7日開催

耐震補強と断熱改修工事で新築レベルの性能に

施工写真

建設資材販売・住宅メーカーの株式会社北洲(本社:宮城県黒川郡富谷町、代表取締役社長:村上 ひろみ)は、住宅の見た目や性能を新築レベルへと引き上げるリノベーション住宅「プラスR」の構造見学会を、2014年9月6日・7日の二日間、宮城県仙台市にて開催します。

国が中古住宅流通・リフォーム市場拡大に向けた施策に取り組む中、住宅ストックを活用するリノベーションが注目を集めています。 「プラスR」では、中古住宅を買い取り、インスペクション(住宅検診)を実施後、耐震補強や断熱改修から、間取り、内装までを一新するフルリノベーション住宅の販売に力を入れています。持ち家のお客様だけでなく、中古物件をお探しの方には物件情報システムを活用し、最適な物件探しからお引渡しまでを総合的にお手伝いしています。

今回開催するのは1979年築(築35年)の中古住宅の構造見学会で、経年後も意外に丈夫な柱や、床下の状況を見ることができ、気になる構造体を見られる貴重な機会となります。併せて、インスペクションに使用する精密機器の展示や、住宅メーカーならではの耐震補強や様子や断熱改修の方法を詳しくご説明しますので、リノベーションの際に気をつけるべきポイントや、中古住宅がどのように再生されていくのかを臨場感とともに学ぶことができます。 今回のリノベーションにより、断熱性能値は次世代省エネルギー基準(平成11年基準)のレベルに生まれ変わります。10月には完成内覧会を開催予定ですので、仕上がりもご覧いただけます。

当社は、リノベーション住宅の販売を通して、住宅ストックの品質向上とその活用に尽力してまいります。

<見学会概要>
日時 2014年9月6日(土)7日(日) 10:00~16:00
会場 仙台市青葉区国見6-17-19(JR国見駅徒歩3分、「プラスR」展示場予定物件)
参加 参加無料、申込み不要